日本の教育に必要なことについて

現在日本では6年間の義務教育があり、その後は高校や大学や専門学校などに進学するケースが一般的となっています。以前から日本の教育はつめこみ型と言われており、先生の話をきちんと静かに聞いて与えられた課題を行うというスタイルを保っています。他の生徒との意見交換やプレゼンテーションなどはあまり行わないことが主流であり、机に向かって黙々と勉強をするというのが基本です。しかし近年は日本も国際社会の一員となっていることもあり、未来の子供達には自分で考えて意見を述べることができる力を養っていく必要があります。そのためにも学校では受け身の授業スタイルではなく生徒同士が発言をし合うようなスタイルを取り入れていくことも大切です。将来就職をする時や社会で仕事をし始めるようになると、自分の意見をしっかり伝える力を求められます。よって幼稚園や小学生の時から人前で意見を言えるように訓練する場を教育現場に導入していくことが重要です。