日本の工業分野の能力と教育

日本の工業分野は発達していますが、石油や石炭といった、化石燃料はあまりありません。そのため、化石燃料をさまざまな国から輸入して、それを工業分野に利用しているのです。化石燃料を工業分野に利用するためには、技術がなければ、行うことは出来ません。そうした技術は、一朝一夕に他国から教わるだけで、身に付くものではないのです。実際に工業分野で技術を駆使するためには、応用力や開発力がなくては、国際的には通用しないのです。そうした能力を日本は、未来を背負う子供たちに高い教育を施すことで、可能にしています。また、先述の化石燃料を産出するためには、プラントを建設する必要があります。しかし、砂漠地帯などにプラントを建設するためには、高度な工業技術が必要になるのです。そのプラントの建設においても、日本の工業分野の能力は、高い評価を受けています。すなわち、原料となる化石燃料を産出するためにも、日本の工業技術は、需要がとても高いのです。したがって、日本の未来のためには、高い教育を継続することが、必要不可欠になことなのです。